最新の治療法であるtmsでうつを治そう【副作用が生じにくい】

電磁波を活用する改善方法

看護師と先生

長期間のうつ病改善に最適

tmsは電磁波を活用した治療方法で、うつ病の改善に効果があると言われています。正確には磁波を活用して脳の内部構造や神経に影響を与える事によってうつ病の原因となっている神経構造を改善しようという目標のもとで治療が行われる、新しいうつ病治療方法のひとつとなっています。近年ではうつ病の患者数を含む、精神病の患者数は増加傾向にありこうした社会的な背景からもtmsによる治療方法は注目を集めていると言えるでしょう。tmsを活用したうつ病治療は、10年以上医師の元でうつ病治療を受けてもなかなか改善しないという場合に効果が期待されています。一般的にうつ病の治療の際には心療内科や精神科においてカウンセリングによる精神療法と、治療薬を活用した薬物療法との治療が行われています。しかし実際には上記の療法によって改善できない場合も少なくはなく、非常に長い期間にわたってうつ病の診療を受け続けている方も多い事が現状です。うつ病には様々な因果関係が関連しており、当然私たちの生活習慣から起因する原因もあると言われています。他にも内科的な因果関係や、神経のトラブルによる因果関係もはらんでおり、その人によって生活環境が異なることからも正確な原因究明には困難を極める改善が難しい病気です。そのため医師の診療を受ける際にはできるだけ医師の診断のもとで、周囲の家族や友人らと協力して改善に取り組む事が大切なのです。しかしストレス過多の社会であるため、例えば「私は辛い出来事があり心に傷を負ってしまった」などと友人に相談しても「そんなのまだまし。私の方がもっと大変だから」などと軽くかわされてしまい、誰からも自分の気持ちを分かってもらう事ができずに病的な因果関係に巻き込まれてしまう人も少なくないのです。

活用される機器の特徴

うつ病の因果関係を知る事が、まずはうつ病の改善のためにはとても大切なポイントのひとつです。原因がわからなければ、改善をしようとしても誰にも改善する事ができません。例え、病気改善の専門家である医師でも改善するのは難しいでしょう。しかし病気の原因がわかれば、後は改善のための方法について考えて実践してゆくという事になります。うつ病の原因には様々なタイプがあるため、これといった原因特定には時間がかかる場合もあります。とりわけ脳の神経や内科的な詳細はまだ現代医学では未解明な部分も多いため、判断が難しい事も少なくありません。また普段の生活において自分の気持ちを分かってもらえないため、脳に異常が起こりうつ病になる可能性といった精神面での研究も機関において研究が進んでいる分野のひとつです。そうした現状がある中で、tmsの医療機器を活用する事によって脳に直接的に磁波を与えて病気の改善を行います。電磁波による刺激で、脳に与える影響によりうつ病の原因を引き起こす神経構造の乱れや、脳のトラブルを改善できる事が海外の研究機関による検証結果によって知られています。この検証データを基に特殊な専用の磁波を活用した改善を試みようとする改善方法のひとつがtmsです。tmsで使われる機器から発せられる磁波にはパルス磁波と呼ばれる専用の電磁波が活用されます。パルスとは日本語による矩形波の事で、矩形波形上に作り出された微弱な磁波エネルギーを一定時間脳に与え続け、刺激として認識させる事によって脳の機能改善を促す事が目標となります。治療期間は1ヶ月程度以上となっており、副作用による影響が少ない事から、会社へ通勤しながらの医療機器活用も可能です。