最新の治療法であるtmsでうつを治そう【副作用が生じにくい】

有効的な新しい改善方法

カウンセリング

機器活用前の豆知識

tmsによる治療は、まだ国内では公的機関において医療機器として認定されていない機器を活用した治療が行われます。しかしアメリカでは既にtmsを活用したうつ病治療が一般的に開始されており、公的機関からの医療機器の認可も降りています。こうした経緯からtmsによる治療方法は日本国内では医療保険適用外による料金での診療が必要になります。そのため治療のための費用としては一般的なうつ病治療と比較をするとかなり高額な費用がかかるため、確認をしておきましょう。tmsを活用する際に適している患者さんの特徴としては、一般的な診療機関に10年以上継続的に診療を続けている人に適しているとされており、今まで長い間うつ病の治療期間を要しても改善される事がなかったという場合に活用すると有効的な治療方法であると言われています。脳のうつ病原因に対し、tmsによる磁波刺激が脳にどのような影響を与えるのかについてはまだ未解明な部分が多いものの、しかし海外の研究機関ではtmsによる医療機器の活用によってうつ病が改善されたと実際に体験している人もいる事から、データとしてはまだ未知数ですが一定の改善効果が期待できるものとして注目を集めています。もちろんこうした動きは国内のマスコミからも注目を集めており、これからの新しいうつ病治療の有効策としてテレビのニュースで報道された事もあります。うつ病に長い間罹患しており継続的な診療が続くものの改善が見られずに困っていると感じている人にとっては、活用を検討したい診療方法のひとつであると言えるでしょう。

注目を集める理由

精神医学の先進国であるアメリカにおいては、日本よりも一歩進んだ分野の研究が行われ、研究内容が公表されています。現在の日本はアメリカの研究内容に賛同し、かつ追従している部分が多いため、アメリカの精神医学分野の研究内容に着目をしている専門家も多いのが実情です。実際に国内ではアメリカ精神医学会が提唱している「DSM-IV」と呼ばれている精神病における公式的な基準が公表されており、日本の多くのうつ病チェックサイトや精神病に関する情報を共有しているホームページにおいてはこの基準を参考に精神病のチェックや紹介をしています。こうした精神医学の先進国であるアメリカにおいて注目を集めている新しいうつ病改善の方法のひとつとしてtmsがあるのです。他にもうつ病の改善のための方法は、国内では見られない診療方法もアメリカ国内において活用されているものもあります。いずれも公的機関から認可が下りており、実際に活用されて一定の改善効果があったとされている検証データが報告されています。一般のうつ病の患者さんがtmsによる治療を受けるためには、まず医師に相談をする事が大切です。国内ではまだ一般的に行われている治療方法ではないため、医師も治療方法に認識がないという人がいてもおかしくはないでしょう。しかしそうした場合においてもセカンドオピニオンといった制度を活用して、担当医以外の複数の医師から自分の病気に対する改善方法についての意見を聞くこともできます。この制度を活用してtmsを活用するための相談を行い、保険適用外ではあるものの活用したいと意向を伝えることでtmsによる治療を活用できる場合があります。いずれにしても、まずは担当医に相談をしてみましょう。