最新の治療法であるtmsでうつを治そう【副作用が生じにくい】

電磁波を活用する改善方法

看護師と先生

うつ病の治療に有効的な新しい治療方法であるtmsを活用したうつ病改善について解説しています。近年では精神病患者の増加が社会問題となっていますが、こうした背景にはうつ病の治療が困難である場合も少なくないとゆう原因が関連しています。しかしtmsは長期間改善できないうつ病にこそ有効的であるとされています。

Read More...

慢性的なうつ病に有効

中年女性

うつ病での磁波活用豆知識

実は一部のうつ病は医師から継続的に診療を続けていても、病状が改善されない場合もあると言われています。慢性的なうつ病の原因の多くは神経構造にまで影響しており、他にも内科的な要因(例えば胃痛、便秘や下痢などといった内臓からのトラブルによるもの)も考えられます。あるいは慢性的な肩こりや頭痛がフラストレーションとなっていたり、リウマチやガンなどの身体的な痛みから生じているストレスが原因となっている場合もあり、厳密にはうつ病の原因となる要素は多岐に及びます。しかしいずれにしても、上記のような様々な要因が脳の構造や神経回路に障害を及ぼして、結果的にうつ病の症状が現れてしまっていると考えられています。こうした慢性的なうつ病は10年以上も継続的に診療を続けていても治らない事があります。それほど根深いうつ病が発症している場合には、一般的に活用されている治療方法である精神療法や薬物療法による治療以外の方法で改善できる可能性があるのです。精神病治療の先進国であるアメリカでは、医療機器として公的機関より認可されている「tms」と呼ばれている新しい治療方法があります。このtmsは国内でも近年注目を集めており、マスコミでも紹介されるようになりました。しかしtmsは現在国内からの医療機器としての認可が下りていない治療方法でもある事から、治療を希望している方はやや高額な費用が生じてしまう事がやむを得ない点となっています。けれども海外ではtmsを活用した事によってうつ病の改善実績が認められた事から、国内でもうつ病の新しい改善策として期待が持たれています。副作用が生じにくいとして注目を集めてもいます。

有効磁波の特徴

肩こりを改善するために湿布薬の代わりとして磁石を貼り付けて改善する市販薬が薬局などで販売されています。この磁石からは常に磁波が放出されており、肩こりの患部に磁波を当て続けることによって代謝を改善し血流を促進する事ができます。厳密な仕組みは違いますが、大まかに解説するとこうした磁波によるエネルギーを脳内のうつ病原因に当てることで、神経の働きを整えてうつ病の改善を試みようとする方法がtmsによる治療です。tmsにおいて活用される専門の治療器からは特殊な磁波が放出され、この磁波を前頭葉部分から一定時間当て続けます。薬物療法とは違って深刻な副作用が生じにくい事からも、会社に通勤を行いながら治療を行なう事もできます。また人体の一部を傷付けたり痛みを伴う治療方法でもないため、比較的安心して活用できます。なおtmsを活用する際には、まだ新しい治療法であることから医師に相談をする必要があります。場合によってはセカンドオピニオンなどの方法を活用して複数の医師から意見を聞き入れて治療を行う必要があるかもしれません(医師によって判断が異なるためです)。いずれにしても病気を治したいという意向を伝えて、医師を味方につけるようにして説得を行う事が大切です。病気は自分の意思で改善する事も、悪化する事もあるものです。担当医にはうつ病を改善したいためにtmsによる治療を考えていると伝えてみるのがいいでしょう。費用も現在ではそれなりの金額がかかってしまいますが、将来うつ病を改善する事ができるようであれば安いものです。どうしても困っている場合には、tmsに関する情報を確認してみると良いでしょう。

有効的な新しい改善方法

カウンセリング

tmsによる治療方法を一般の人が受ける場合に必要な手続きについて簡単に解説しています。tmsはまだ先進的で新しい治療方法でもあるため、一般的には広く認識されていないのが実情です。そのため、現在かかりつけの担当医に相談をしてtmsによる治療を希望している意向を伝えてみる必要があります。

Read More...

新しいうつ病の改善法

女性と看護師

うつ病は一度発症してしまうとなかなか改善の効果が見込めないと困っている患者さんも少なくはないものです。しかし慢性的なうつ病にも効果がある治療法がこのtmsによる治療で、新しい改善手法として期待されています。

Read More...